無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第140話

テレビ電話


お久しぶりです。前田 あなたです。生きてます( ˙-˙ )
いやぁ、コロナ禍でぐったりしすぎたよね!!

生活が戻りません!((



今日だって、私の1日は

朝7時から始まるはずだったのに……………















































『チッ…もしもし…』

「おはおー」

「もしかして寝起き?」

「え、もう10時だよ」

「まさかね!笑」
「めっちゃ機嫌悪いジャーン」

『ばりばりの寝起きですけどなにか』






























なぜかせくちーぞーんのグループ通話で

起こされました。ぴえん

























































『え、なにこれ。リモート撮影?』

佐藤「完全プライベート」

松島「おはよーあなた!」

『え!おはよ!』

中島「テンションの差違いすぎだろ笑」

『中島ァー、コーラ買ってきて』

中島「蜜です」

菊池「謎です」

マリウス「勉強どー?」

『 』

マリウス「あなたちゃん!?」









こんな感じです。

朝(10時)から元気ですね。

おばあちゃんはとてもとても眠たいです。←














あ、そうだ。

実は4月に芸能科から普通科に変更しました。

受験するには普通科じゃないといけないっぽいです。





































『勉強してるよォ………………zzz』

佐藤「あなた!?」

『起きてます』


















































なんとまぁ平和な通話。

勉強の話出てきてから私には死活問題でした︎☺︎
























そのあとは、

みんな元気ー?とか、未満警察撮影始まったー

とか。

近状報告したり昨日の夜ご飯の話したり。





まぁ、ざっくり言えば

内容の薄っぺらい話を広くしたとさ!










久しぶり(?)に5人の顔を見て、

幸せー











よりも眠気が勝ちました。やっぱ眠い。←




























みんな!体に気をつけてねっ!!



さらば!