無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

学校生活





『…うそやん…もう7時半…』






朝起きたら頭が痛い前田すわんですども。←




いやね?今日は久々の学校なんです。

行きたくないけど。


だってさぁ!?頭悪いし!?勉強追いつかないし!?


まだhoney honeyの振り付け完璧じゃないんだよ!?
(おい)










新田「あ、おはよ〜ご飯食べr『いらん。行ってくる』」




だって私朝ごはん30分かかるし←
学校まで徒歩で30分かかるし



ご飯食べてたら確実遅刻♡





ってことで学校行ってきまぁす!!









(起きて10分で家出るって…早くね?)






























































































































「え、あれあなたちゃん…?」


「うわ本物だ…まじ可愛いよな…」


「ねー。同じ学校とかホント神だよね…」





はーいそこのガール&ボーイ?←
でも私注目浴びんの苦手なんだよね…←
(デビュー組が何を言う)

校門から教室に入るまでそんな声ばっかだった

























猪狩「あれー、あなたじゃん。」


『あー!お久』


猪狩「ちゃんと学校来いよ笑」


『いや忙しいんで?デビュー組なんで?(煽り)


猪狩「うっざ笑」






そうなんです。猪狩と同じクラスなの。

だから学校来ないと中島とかにチクられる…くそっ←













『あれ?作ちゃんは?』


猪狩「ちゃんと学校来てるから笑 トイレじゃない?」





そんな話をしてたらちょうど作ちゃん戻ってきた。


作間「あっ…久しぶり」




『まぁそんな経ってないけどな?笑笑
元気にしてましたかぁ?』


作間「まぁ、うん。おれ退所なるかもなんだよね。」


猪狩「……」


『そっかぁー。まぁその時はその時で。
ついったーみてみ?批判のコメントもあるけど、
作ちゃんを待ってるって人もいっぱいるんだよ。笑』


作間「うん。頑張るよ。俺なりに。」









てかまぁこんな重い話をしに来た訳ではなく!!

ちゃんと勉強しに来たの…!!!


ちゃんt 女子「ねぇ前田さん。ちょっと来て?」 ちっ←





『あーはい。』



ダルいぃ。めっちゃダルいぃ((




だってだいたい想像つくもんん…















まぁ大人しくついていかないと
なんかされそうなんで、




ついて行っきまぁす!!(殴