無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

ばったり会っちゃった的な?










ただいま田中さんとお買い物中です。
あ、田中樹です。あのー、SixTONESの。((


タピオカを手にして、、、あ、田中がね?

いや、だって私タピオカ嫌いだもの。←


お買い物中なんです。服とかー?なんか、まぁ。
いろいろ。はい。




なんでこんなテンション低いかって?












『でもさぁ。結局
"仲良くなりましたー"ちゃんちゃん。
ってなったらつまんなくない?』


田中「それはわかるんだよな。今のままの距離感が
ちょうどいいって思ってる。
いやでも!くっつけたいじゃん…?」


『もう北斗も素直になれよぉ…。
コメ欄「北斗も素直になったら縮まる」とかいっぱい
あんぞ。』(YouTube)


田中「あ、見てくれてんのね嬉し。
もう更新ほぼないけど」←












まぁこんな会話をしてるからです。(絶対伝わらん)

別にテンションが低い訳では無いの。

極秘の会議中だから。((



え?まだ分からないって?(は)





まぁ、田中といえば。樹といえば。(なぞ)
樹&私で、、…
ほら、ね?

我らが「きょもほくくっつけ隊」だから!!!←





くっつけたいけどそのデメリットとか

まぁぎこちない感を減らさせるとか。((




そんなすっごい難しい事件を今…!!(殴

















『今のままの!きょもほくの距離が…!

やっぱベストじゃん!?急に仲良しです♡なんて
言われたらこっちが落ち着かない希ガス』(大声)




周りの客「………??(怒)」←





田中「ちょっと待って声デカすぎ抑えろ笑」





















田中「まぁ、とりあえず作戦上手く行きそう?」


『なんとか誘ったよ。
無理やりでも来いって言っといた』(恐怖)















そうなんです。お買い物…と見せかけた!!

きょもほくくっつけ隊出動してるんで!!!!←






私が考えた作戦とは。(とは)

まず、京本は樹が。
北斗は私が。それぞれ電話で呼び出し…


「代官山のあそこのカフェ来て!!」
(私達がいるカフェ)

と、同じことを伝え…


私と樹が偶然居合わせたみたいに一緒にいて…


お互いに呼んだ2人が


北斗目線) 「あれ、京本じゃん。?」


京本目線) 「あれ、北斗じゃん。?」


みたいにばったり出会うって言う!!




略して
【あれ、ばったり会っちゃった的な?】

作戦でっす!!!























みんな分かったかな?(語彙力宇宙旅行行った)






















田中「おけ。そろそろかなー?笑」


『こっちが緊張するよな…』(なぜ?)