無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第119話

中島健人誕生祭










18:30にはマリウスが、

19:40には勝利が到着して、あとは中島だけになった













菊池「あと…1時間?…………長ぇ…」

マリウス「これ全部あなたちゃん作ったのか!」

佐藤「やばいどれも美味しい」


勝利とマリウスはめっちゃ味見してるし、

菊池も愚痴をこぼしながら

ちゃっかりボニータと遊んでる



































































































『……っあぁ!!できたぁぁぁ!!!!』

佐藤「(ビクッ)」

マリウス「おーついに!見せて〜」

菊池「うわめっちゃ綺麗じゃん」



そんな中やっとケーキを作り終わりました偉いよ私!






こういうのセンイルケーキって言うんだっけ?

中島のメンカラの青いホイップをスポンジに塗って

6人が描かれた砂糖の、あの、お菓子。わかる?←

その横には薔薇の絵のチョコレートを飾って


6人はプレートに書かれてる

"Happybirthday Kent Nakajima" の文字を持ってる。





勝利「これ本当に全部あなた1人?」

『どーだ凄いだろ。』

マリウス「お店に頼んだみたい!!」

『プレートその他もろもろ昨日先に作っといたんだ』

菊池「シンプルにすげ、、 …ん?」






サプライズのクラッカーを持って

ケーキを冷蔵庫にしまった時、菊池のスマホがなった


菊池「あ、もう着くって」

『うっそ急げ急げ』





休む暇も与えてくれないのかと

内心怒ったけど、まぁメンバーの方が大事だしね!


玄関でクラッカー持って、待ってるよ!

































































































































































中島「…っただいまぁっ!!ぅわっ!!え!すごい!」
「「中島/健人くん!誕生日、おめでとう〜!!!」」