無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第129話

ビデオ通話とあつ森





はぁ、暇すぎてやばばばーんですねどうも前田です←
みんな!!何してますか!!

私は!!あつ森してまーす!!



宿題なんて知りませーん!!(殴

本当に暇で暇で…ついに買っちゃいましたあつ森。

ちなみにとび森世代です。私。(世代とは)

いやもう楽しそうじゃん!!

予告とかさぁみんながやってるの見たらさぁ
絶対楽しいじゃん!!((


でも一人じゃ分からないから


私は助けを求めます。((自分で動かないタイプです))














































いでよ中島!!!!!(殴



















"プルルルル プルルr もしもしー!!"

『………いや出るのはっや…(引』

中島《あなたのだけ着信音変えてるから〜》

『……えっ…』

中島《あなたから電話なんて珍しいね、どうした?》

『…この前"ファンに攻略の仕方聞くとか可愛すぎる"
ってチヤホヤされてたじゃん。Webのやつね?』

中島《チヤホヤはされてないわ!笑笑
………………はっ!!もしかして……》

『ひm…中島《やる!?よしやろう!!》…ハイ』












































































中島くんにあつ森教えてもらいます🙃🙃🙃








何故かビデオを通話をしながらです。🙃🙃🙃🙃🙃























『結局島クリエイター?になったの?』

中島《んっとね、みんないわくあともう少しかな…》

『Jのあつ森率高いなぁ〜〜』

中島《そだねぇー……ってあなた!!!》

『うはぁいなんでしょうか』

中島《それすっぴん…!?》

『そりゃどこも出かけないし…』

中島《しかもメガネ…!?》

『ブルーライトは避けたいし…』

中島《ぜんぜん変わらない…なんで??》

『普段からあんまメイクしてないからかなぁ…』

中島《え、じゃあ収録とかすっぴんなの?》

『あほか笑笑笑笑 ちゃんとファンデ塗ってます〜』

中島《……かわいい…》

『こんな感じの件、熱海(ポプステ特典映像)でも
やった気がする…』








































そんでそのあとべた褒めされながら(キモイ)

ずっと中島くんと遊んでました。




中島くんの島にも行きました。




なんかすっごい整頓されてましたwwwwwww


ごめんなさいバカにしているわけじゃないんです。←








電気代がやばくなるぞぉ!!






集まれ中島の森!!!!!