無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第118話

中島健人誕生祭





『ねぇ!!帰ってきちゃうから早く!!』

菊池「違うんだって!ボニータが可愛いんだって!」

『100万年前から知ってるよ!!飾り付けが先!』





勝手に人の家に入って騒ぐ私たち。

いやぁ厄介ですねっ!←
…や、別にそういうわけじゃないんだよ!?

明日は中島健人誕生祭だからね。

彼のシンメとお部屋の飾り付けをしてるんでーす







勝利は収録。マリウスは大学。

私たち2人になること多くない!?え!?←






































『もう3時…あれ、中島何時に帰ってくるんだっけ』

菊池「えーと、、8時?あれ、9時だっけ?」

『ねぇしっかりして!!』←


















ま え だ!!
今日仕事何時に終わる?
菊池がしっかりしないもんで(殴)

自分が聞いたら、"ピコン"

……すぐ返事か返ってくるあいつ暇なのか…←
けんてぃー
21:30!もう準備してる?
ま え だ!!
いちおー
勝手に部屋入ってごめん笑






そうなんです。実はもう中島の許可は取ってあるの

でも彼に伝えているのは1部なんだァァァ(?)

パーティするって言ってあるんだけど

実は今回、私 前田 あなた 17歳 腕を振るいます!!!!!




いやぁ、菊池の誕生祭が結構派手で…

もうあれを越えられるものは

無いとか思ったり思わなかったり…?←
てわけで!私が料理を作ってあげようと。
だって、ワクワクはサプライズが必須でしょ??




という訳で買い物行ってくるよ!!

菊池の車で!!!←



















菊池「なんで俺も…」

『女の子の腕を折る気??』


































































































野菜買ったりお肉買ったりケーキの材料買ったり…


かるーく飛んでいきました私の諭吉。(泣)
まぁ、大切なメンバーだ!!しょうがないでしょう!
その分稼ぎますし!!!!!(($▽$))









































菊池「……てかお前、料理できんの…?」

『バレンタインにあげた
チョコレートケーキ返してもらえる?
料理用のお酒ちょっと使っただけなのに
顔真っ赤にしてくっついてきたり
べた褒めしたのはどいつよ。』

菊池「いや、、あれは、、別格だったし…?」

『味見係降格させるよ』

菊池「ごめんなさい」