無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話



『関係者を、ファンを、メンバーを、自分を
裏切ってしまったことを絶対に忘れちゃだめ。

今は悲しみだけど、いつか喜びに変えてあげるの。


たった3ヶ月だけど、それまでバイバイだけど!


"5人で"夢掴むために戻ってくるんでしょ!!』





『良い顔して戻ってこい!!』













作間「…はいっ!」


橋本「…待ってろよみんなぁ!泣笑」








猪狩「おう!」


髙橋「早く戻ってこいや!!笑」


井上「たまに顔出さないと殺めるよ?」←







『殺める って言い方こえぇ…』((













星の数ほどある悲しみは、
星の数ほどある喜びや嬉しみに変わると思う。














あの二人なら…



あの二人なら、きっと成長して戻ってこれるよ。



それを待つのが私たちの仕事。











3ヶ月たったその日、2人がどんな顔で
帰ってくるか想像したら

ワクワクしない?笑









「1人じゃないから複数形 俺らの名前はなんだっけ?」
この言葉最高やん。ありがとガリさん。(神すぎる




LINEのステメにしよっと!((





























さぁてあのカビゴン()とかいうやつは
どうやって殺めようかなぁ♡






































『たっだいまぁ』


マリウス「あれ、元気だねぇ」


『うん、ちょっとね!いい事あって笑』


中島「なにあっt…」









『んー、ライターで焙る?それとも
飲み物に盛っちゃうとか…あ!やっぱちゃんと
締めた方がいいかなぁ♪(ぶつぶつ)』







中島「ちょっと待って俺すごい寒気してきた…」
(ブルブルブル)


菊池「おぉ俺もだよなんかやべぇよな」
(ブルブルブル)











佐藤「あ、あのぉ…ま、まえだ、前田さんー?」







『ん?』





佐藤「いや、あの、うん、え、こ、怖い、よ?」









ってシンメに言われて

やっとその場が凍りついていたことに気づいた

セクゾの中の問題児でした。ちゃんちゃん!←