無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第126話

ほんと うそ





『あーおかえり勝利 長かったねどこいってたん笑』

佐藤「途中で山下くんに会ってお話してた笑」
































『勝利〜』

佐藤「んー?」

『私さ〜』

佐藤「んー」

『彼氏出来たー』

佐藤「んー………ん!?」

『ん?』

佐藤「か!え?彼氏?今日エイプリルフールじゃ…
あ、エイプリルフールか」←





SZ「…………」

佐藤「え、なんでみんな何も言わないん?」







菊池「…わるい勝利。俺が彼氏」

佐藤「え、ちょ……え、風磨くん?」

『そーゆうことなんだ』

佐藤「え、みんな知ってたの?」

中島「さっき言われたよ」

マリウス「ぼくも最初嘘かと思ったけど
本当に本当らしいよ」









佐藤「え、ほんと…?(涙声)」

『なんで泣くのー!!笑』

佐藤「や、だって普通にやだし…笑」

『ねぇ!!笑 応援してくれる?』

佐藤「これガチなの……
っいまはまだ出来ないし…
でもあなたが幸せならいずれ……っ!」(泣)









ま え だ!!
いけ!今だ!!
き く ち
あ、おれね笑
































































菊池「いやまぁ嘘なんすけどね」








佐藤「…………冗談はいいって…笑」

『………っうははははは笑笑 ごめんなさい。』

佐藤「えぇぇ………どっち…?」(泣)

『ごめんね勝利、嘘だよ大丈夫だよ!笑』

マリウス「あー笑いそうになっちゃった!笑」

佐藤「えぇぇぇ、無理だって普通に……泣くって〜」

菊池「主犯こいつな笑」(中島を指さす)

中島「 」

佐藤「………健人くんあとで大野くんに土下座ね」

中島「なんでぇ!?笑」







『え、これ成功…?』

マリウス「おめでと!!!」

佐藤「え、さ、うん?」

菊池「こいつ3人にひっかけて
みんな引っかからなかったから((松島を除く))
心折れてたんだよ笑笑」((松島はね引っかかった︎☺︎))

『まさか泣くとは思ってなかったよー笑』

佐藤「ほんとに……ない??」

前田・菊池《絶対無い》

佐藤「あなたが本気の顔だったから…ガチかと…」

『うはははは笑笑
どーよ日本アカデミー賞魂。笑笑』

佐藤「うわーくやし笑」




















はぁ!!最後引っかかってくれてよかった!
(悪い子)
勝利、かぁいいねぇー笑笑

















突然ですが、私、Sexy Zoneのファン



























































え、辞めないですよ????