無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第93話

キズナ
(ドッキリGPみてて、すのーまんのキズナのやつ
「やべっ!感動っ!!」ってなったんで
Sexy Zoneで書かせてください。←)






________________________


No side



《ドッキリその1:外からの視線》


中島「こーゆうとこ久しぶり?自然豊かなところ」

佐藤「めっちゃ久しぶりだなぁ」

前田「私、たまにまっ島に会いに行ってるから、」

マリウス「そうそう!そちゃの家の近く
こんなんだからそこまで久しぶりじゃないかなぁ」

菊池「こーいうとこって
明かりがないから星が良く見えそう…」












マリウス「え待ってめっちゃ星きれい!!」

中島「ちょ、電気消してみる?」


菊池「あれ、あなたと勝利こっち来なよ
すっげぇ星綺麗だよ」

前田「窓際って言うの?そこら辺寒いからや。」

佐藤「うそ星きれ、い………え、?」

マリウス「どしたの?」

佐藤「いや、誰かこっち見てない?」

前田「ねぇそういうの無理。寝るおやすみ!!」←

中島「え、っと……あほんとじゃん、」

マリウス「え、今隠れた?」

菊池「てかあれ、村長じゃないっけ。この村の」

前田「まじ怖いから、ほんとに。
そこの連中早く戻ってこいやぁぁぁぁぁ」


















《ドッキリその2:村人たちが夜中に謎の後進》

前田「そういえば昼間BBQしてる時に
ずっと浮かない顔の子いたよね。」

中島「あー、確かこの村の娘さん?だっけ」








マリウス「………ん?なんか聞こえる」

前田「(佐藤に抱きつく)」



"シャンシャンシャンシャン"





菊池「え、なになになになに」


佐藤「ちょ、あなた離して笑」

前田「無理離したら私生きれない」

中島「あ、町の人達だよ。
さっきのおばあちゃんとかいるし」





マリウス「……行ってみる?」

前田「え」

中島「そうだな。何やってるのかも気になるし」

前田「えぇ」



中島「じゃあちょっと2人で行ってくるわ。
3人待っててね」








































「うわぁぁぁぁぁぁぁあああ!!!」













前田「っびっくりしたぁ…」

菊池「え、今の2人の声じゃない?」

佐藤「……なんで悲鳴?」


















前田「…っ、行ってみる?」