無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第70話

引越し




















ドンッ


『。』



















ドカッ


『……』





















バンッ


『………うっせぇぇぇぇぇぇぇぇ!』

























〈あだっ!〉





『 』















なんなんさっきからもう!!



隣の部屋がドタバタうっせぇ!!!!!!


























そう言えば隣に新しい人が入るとか言ってたような…

































え、もうちょっと静かに片付けしてくれない?😇←









てか何このマンション。防音じゃないの!?
絶対角とかにぶつけてる声が耐えないんですけど!!

























































































































































































































































あれから30分後。くらい?







やっと収まりました。はぁうるさかった←






まじ初心者かy…「ピーンポーン」














なんかインターホンがなりました。



一応確認すると、さ。















えっと、下向いてるからわかんねぇ。(殴





















『はーぁい、、、ぃ?』



「あ、こんにちh……って、え、あなた?」




『え、いや、うん、あなただけど…なんで北斗が…』





なんとそこにいたのは
我らが同期(?)北斗きゅんでした😇←








松村「え、隣に引っ越してきたからあいさつって」







『あ、あぁ〜… え、ここ高いよ?月n「うんうん」 』



松村「言わなくて大丈夫だよ?笑」


『笑笑』






『じゃあ気軽に泊まりに行くね!!』←







松村「多分色々パーティするからうるさいけど
我慢しててね!」←


『 』


松村「 」




















これメンバーに言ったら殺されるかな?←

いずればれるけどだまっとけばいっか!←