無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第132話

入所祝い Part 2















『ん"ん"ん" あ"ー もしもし?』

《もしもしー どーしたのその声…笑》

『季節の変わり目風邪ひきやすいからさ』

《大丈夫ー?》














4.27(月)の夕方。

そろそろ日が長くなってきて、

季節も変わり始めているのか最近はずっと風邪っぽい。

※コロナじゃないよ?






そんな中、私は























『大丈夫だそ。そんなことより今菊池くん家いる?』
















菊池くんの家の前にいます。︎☺︎




















菊池《え、いるけど……うe 》




























『やほ。元気だったー?』

菊池「や、え、元気だったけど、?」

『ん?………あー!今日最後の撮影でさ〜』

菊池「あーそれはおつかれ」

『そんで………はいこれ!』

菊池「え、なに?」










































そう……本日4月27日は


我らが菊池風磨くんの入所日なんです。


ひゅーぱちぱちぱち!!←

















『入所12年目おめでとう』

菊池「うわぁすっげ…ありがと!笑』

『それケーキだからね?』

菊池「見りゃわかる笑 これ手作り?」

『いぇすあいどぅー!………美味しい…よ?』

菊池「基本なんでも美味しいからねあなたのは」

『なんか言った?』

菊池「いや!笑」















まぁ本当は聞こえてたけどね。笑













『じゃ、私そろそろ帰るね〜』

菊池「おお、ありがとね。結構嬉しい笑」

『結構 じゃなくて めっちゃ でしょ?笑 ばぁい!』

菊池「あはは笑 ありがと〜!」








































今は寒い?暖かい?






私は暖かいかなぁ。













さ、お腹減ったし帰ろ!!



カレーが食べたい!!わしゃ!!←