無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

24時間駅伝
『ありがとう!』
『頑張るね!』

『暑い中ありがとう!』


『熱中症気をつけて!』


さっきからこの言葉ばっか。笑


てかさ、
手伸ばしてきたり、道路の真ん中にたってんのなに。
私のアンチですかっって。笑

















































『っ…ハァハァ…あと、今何時ですか…笑』


スタッフ「今 08:30ですっ… ってか元気ですね…笑」


『君のうたが最高すぎてっ…泣笑』

スタッフ「あ、中継つながるそうです」








まっじかよ汗と涙で顔ぐしゃぐしゃなんですけど!?











松本〈あなたちゃーん!元気ー?〉


『元気ですっ…泣』


二宮〈泣いてるじゃん!どーしたよ〉


『っ…うぅ…泣いてないですぅ…泣』



二宮〈泣いてんじゃねぇかよ笑〉


『ちょっとリクエストいいですかぁ…っ泣』

櫻井〈おお、いいよー!〉


『ふつーに嵐メドレーが聞きたいですっ…泣』


櫻井〈リクエストとかあるー?〉


『A・RA・SHI→Love so sweet→One Love→GUTSで!泣』







松本〈じゃあ今頑張ってる皆さんのために!
歌います!あなたリクエストより、嵐メドレー!!〉












大野「ってか走りながら喋るあなたちゃん凄いな…」























もうやばいです。こーゆうのすぐやってくれる嵐さん
マジLOVEだし。歌神すぎて…


もうずっと泣いてます←
















でもね、アイドル業。ファンサは忘れませんっ!

『ありがとぉ…!泣』


『頑張るねっ!泣』







ずっと声援かがあって…夜遅いのに…泣












『っ…そろそろっ…やばいっすよね…っ笑』


スタッフ 「そうですね…あと1.5 10分です…!」



え、嘘でしょ… 無理だよ…泣
でも、ここでやらなきゃ、ダメなんだ…っ!















『翔くんー!!!聞こえてますか!泣』



櫻井〈どーしたー!!〉


『あのぉっ…泣 あと1.5 10分ですよねっ!!』


櫻井〈がんばれーー!!待ってるーー!!!〉










『絶対タスキ繋ぐんでーっ!!!泣』


『正直自分がもうどーなってもいいんでーっ!!』



『ゴール出来たらーっ!!ギューしてください!!』


櫻井〈もちろんーー!!!!!!〉


『あとー!これで寝込んだらー!!!!
家に看病しに来て下さぁーーーーーい!号泣』


櫻井〈嵐全員連れてくー!!!!!〉


「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」



















くっそ…泣

まにあえぇぇぇぇえええぇ!!!


















ジャニーズの力、なめんなよっ…泣


































バンッ!


「きゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」







あぁ…やっと…ついた、ぁ…泣


やっと、…国技館…!!!












嵐〔まってるぜーっ!!!!!!!!!〕




二宮「ゲームしよーなっ!!!!」


松本「今度ドライブ連れてってあげるー!!!!」


相葉「焼肉食べいこー!!!!!!」


大野「釣り一緒に行こーぜー!!!!!」


櫻井「ここがゴールだぁ!!!!!!!!」


『っ、、、はいっ…!!!!!!号泣』














滑り落ちそうになる階段を、姉貴たちが支えてくれて


『っ、せーのっ!泣』











“やったぁ!!!!!!!!”


4人でゴールテープを切った。



そしたら姉貴達が背中を押してくれて…


目の前には翔くんが手を広げて待ってる。










『っ…!!』










そして翔くんの手の中にいんっ!!!!








櫻井「よくやった…!待ってたよ!!泣」


『うぅっ…っ、…なんで翔くんが泣いてんすか…笑』


櫻井「バカか笑 お前が泣かせに来てんだろ笑」











あとから聞いたら、1.5kmを7分で走ったらしい。
41kmを走ってからの全速力は凄いって

みんなに褒めてもらった。


見たかっ…アンチ民!笑笑






『あ、カメラマンさん!』


カメラマン 「あー、はい!」カメラを向けてもらう


『走りながら約束してたもんねっ笑



Sexy Zoneのみんなぁぁぁー!!!!
今度熱海行こうねー!!!!!!泣』


「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」








羽鳥「見事時間内にゴールテープを切りました!
前田さん、どうでしたか?」

『いや、もう…泣
ホンットにきつくて、
何度も折れそうになったんですけど…
あねき達の想いが詰まったタスキを握ったり、
嵐のみんなから応援頂いたり、もちろん会いに来てくれた人達の声援があったから乗り越えられたので…
ほんとにありがとうございました!!!!』


いとう「やったね!!」


水卜「おめでとう!!!泣」


よしこ「よく頑張った!」


はるな「ゴールできたね!!」


『やったぜっ!!!!!!笑』






『あ、相葉くん焼肉あざす!!』


相葉「き、聞いていただとっ…」


『まじダイエット中だったんです!!』



























今日もまた、一日が終わる。
人と人が手を取り合い、協力をする。
そして、新しい時代になる。



私は誰かの手を取り合えただろうか。
いや、きっと出来たよな。


私なら出来る。何があっても。どんな壁があっても。
ぶち壊して前に進むんだ。