無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第83話

紅一点 記念館










二宮「えー、というわけで!
紅一点 記念館。前田 あなたでしたけれども。
どうでしたか?」


櫻井「いやぁすごいね!17歳なのにめちゃくちゃ
しっかりしてて。俺も見習わなきゃ…」


『いやいやそんなことないです。こちらこそ
いっぱい見習うことがありますよ』


松潤「途中途中毛糸とかが見えてたけど、
あれはマフラー作ってるの?」


『そうです!今は年末までに
マフラーを完成させようと頑張ってます笑』


松潤「女子力たっか!」


『ありがとうございます嬉しいです…!』






二宮「え、最後にお知らせがあるということで」






『はい!12/23 月曜日ですね
音楽番組 出演します!ぜひ見てくださーい!』





























































あー楽しかった!
二宮くんが司会とか最高すぎました。

てかゲストの要望に答えてくれるしやがれスタッフ
大好きです。←
(全てオリジナルです。)










音楽番組見てくださいね!!

















________________________






まとめ方が雑ですみません😭

最後だけだとやっぱり短くなっちゃいました…

皆さんにお聞きしたいのですが
私、作者は何歳くらいだと思ってますか?笑


気になったので聞いてみたいと思いました。