無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

真っ白いキャンパスに





『ただいまー、、…(怒)』


松島「うげ、」


『は?』


さいあくなんですけどぉー。

せっかくおふろからあがってきたのに

みんなお菓子バリバリ食べてるんですけどぉー。

萎えるんですけどぉー。






『ま、いっか。 それよりあと何分!?』


佐藤「あと?んーと、3時間だよ」







思ったより時間あったぴえん。←
んー何しよっかなぁ…















中島「ねね、お菓子食べない?」

『ねぇ今何時か知ってる?9時だよ?ニキビできる
時間帯だよ?食べたくても食べれないんだ?はは?』


中島「あ、スンマセン」










マリウス「あーじゃあさ!山手線ゲームしよ!!」


『あー、ないすまりうす』






よし、これでやる遊び決まったぞぉ!!

お題なんだろうなぁ…(ワクワク)(単純)←




『ねぇマリ!お題なに!!』


マリウス「 」


『……エッ』




考えてなかったっぽいっす。爆笑×10(殴
天然すぎるぅ。


あ、天然とさ、バカって何が違うんだろうね。
ふわふわ系が天然なのかな?

バカは、…バカ?平野みたいな。((((((















菊池「じゃさー、Sexy Zoneのいい所言ってこ」


『あ、いいじゃんそれ』





ってことでお話題決まりましたァ!!あいっ!!





中島「じゃあ俺からね?
(手を叩く)かっこいい!!」


『自意識過剰ですかって』(殴


佐藤「(手を叩く)んー、セクシー?」





菊池「(手を叩く)エロい!!あ、間違えた。
エモい!!」←絶対わざと


松島「(手を叩く)仲間思い!」


マリウス「(手を叩く)みんな優しい!」


『(手を叩く)おもしろいー』


中島「(手を叩く)個性的?」


佐藤「(手を叩く)ダンス上手い」


菊池「(手を叩く)歌上手い」


松島「(手を叩く)いじりが優しい」


マリウス「あ、それめっちゃ分かるー!!!」←























佐藤「…………え、終わりじゃん笑笑」


菊池「おいマリウスぅー!!何やってんだよー!笑」


マリウス「うそぉ、ごめん笑笑」


中島「マリウスならでは だなっ笑」


松島「君の瞳にカーンパイ♡」(とは)


『……爆笑』





まってむっちゃ意味不な
まっしまのやつにツボったんだけど笑笑





やっぱマリウスは






バカ




かしら。笑笑←