無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第122話

生配信










『そろそろ?』

佐藤「そろそろ〜」

中島「あ、ちょピン貸してー」

『ほい』

菊池「あぁーっ!マリウスそれ俺のグミだってば!!」

マリウス「えっ買ってきたの僕だよ!?」

菊池「………??」(1個おねがいのポーズ)

マリウス「やだね!!」

菊池「……うわぁぁぁぁぁぁーん!!」



















佐藤「今日寒いねー」

中島「めちゃ雪降ってたよね笑」

マリウス「生配信聡ちゃん見てると思う?」

『見てるら〜 これ静岡弁。笑』












菊池「……うわぁぁぁぁぁぁーん!…え、反応して?」









ってゆーいつもと変わらないセクゾの楽屋だよ!!

うるさいとか言わないで?🥺🥺((ごめんなさい))
これからトップバッターで行って、

帰ってきてFCのビデオとって。






今日は色んな人と会えるから幸せだよねーって

話をしてた。
















そんで終わったあと!!

なんと…!!





まりまりマリウスの誕生日パーティーをするんです!






この状況だからさすがに人は呼べなくて萎えるけど。

楽しいことが待ってると頑張ろうって思えるよね。

まぁライブも楽しいんだけどねっ!!






だから、ライブっていう楽しいことを作るために

今は我慢して待ってて欲しい。

っていう私の切実な願いね!!





















































































































『どぅぁぁぁぁー!!』

中島「なにその声笑」

マリウス「さいきんおっさん化進んできてるよね」

『マリウスにまで言われた…泣』

菊池「あはははは笑笑笑笑」

『勝利も1回言ってくんね?笑』

佐藤「なんでだよやだよ!笑」








外はすごい寒いのに

Sexy Zoneといるとすごい暑くなる。

よく考えたらこれって最高な事だよね
中島なんか、、もう、、、っ笑笑笑笑












『な、なんでそんな汗だくなん、笑笑笑 うはは笑笑』

中島「え、そこツボ?え??」





はい。てことでシャワーを浴びて

きれいさっぱりにしてからビデオを撮ることになって





























佐藤「髪の毛サラッサラじゃん」

『昨日珍しく乾かした〜』
(女子力の"じょ"の字もない発言)

中島「っあぁぁー これ終わったらマリウスっち?」
マリウス「そーじゃん!!僕明日30歳か!」

『早いね〜歳とるって』





菊池「え、…?笑笑」

中島「これはマリウスがバカであなたが天然、?」

佐藤「マリウス最年長…、笑笑笑笑」

マリウス「え!僕今なんて言った?」

年上組《30歳って言った》

マリウス「え、違う20歳!!ねぇもう!!」

菊池「いや間違えたのマリウスだからな?笑笑」

中島「それに乗っかったあなたはもう、、笑」

佐藤「助けようがないよ、あなた…笑」

『………気のせいだよ。あは…あはは』



















ちょっと変なモードになったけど!!

大丈夫マリウス20歳ね!!はい!!


さ、ビデオ撮ってくるどー!!