無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

お泊まり


『ぶはぁぁぁっ』





皆さんこんばんはジャニーズの紅一点あなたでございます


たった今お風呂から上がって
さときくの部屋のベットにダイブしました






『え、待ってめっちゃふかふか』





そうなんですお泊まり用のベット
めっちゃふかふかなんです

そのベットが私を離してくれn 菊池「ねぇ邪魔」…





佐藤「あーもうあなたったらぁ!
髪の毛は乾かしなさいって言ってるでしょ!?」


『菊池お前ベットもう貸さないぞ。

勝利 だってめんどくさいぃ…』
















菊池「待って…あなたいい匂いがする…!」


『変態きもいマジ無理やめて』


菊池「 」


ねぇほんとに菊池抱きついてくるとかきもい。

まだ高二よ?あいつもうオッサンやん()

まじ警察いけ←




佐藤「じゃー乾かしてあげるから!ほら!こっち!」


『えぇー。ほぉーい…』


いやいやしながら勝利のあぐらの中にいんっ!()

















佐藤「えー待ってあなた髪の毛サラッサラ」


『だろ?菊池の座は貰ったぜ』


菊池「は、髪の毛は俺が1番サラサラだね」


佐藤「いやなんの競走よ笑」





えーだって私使ってるシャンプーパンテーンだし?(
あ待ってなんか中島さんもサラサラだった気がする。






















あ、兄は風呂なうです




















菊池「ねぇ恋バナしよ」




『 』


佐藤「でも俺らジャニーズ笑」


菊池「え、なにあなたその反応!?きゃーまじ?(照 」


『なんでお前が照れてんだっ』















そうなんです。わたくし前田 あなた、実は好きな人が…



『いるわけあるかあほ』


佐藤「え、僕期待してた…」


菊池「な、奇遇だな。おれもすこぉし…」


『ねぇキモイ』


佐藤「 」


菊池「 」
















でもね!?リアコはないよリアコは
ちょびっとぉ…道枝…(突然の関西)







菊池「でもさでもさ、なんかこの前
“あぁ~♡みっちーめっちゃかわよい…♡♡”
みたいなこと言ってなかっt…った゛」←殴った


『いやいやいやいやべ、別にぃ!?
あいつが可愛いとかぁ?カッコイイとかぁ?思った
ことないしぃ!?か、勘違いしないでくれる?』



佐藤「めっちゃ動揺してんじゃん」















ちっ…←
















『えぇ私は道枝が好きですけど!?何か!?』


菊池「あ、開き直ったこいつ」


『でもね!?私はジャニーズだからぁ!?
まだ恋愛とかいいんで☆』