無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第80話

#KTT


中島 side






奇跡的に空いてた居酒屋。


おでん屋さんらしいです。


お店のお姉さんにコートを預け、


椅子を引いて席に座る。




































俺お腹減ってないんだけど…。色んな意味で
















































































前田「あれ、中島食べなよ。しぞーかおでんだよ?」


マリウス「え、何この黒いやつ!!」


菊池「それ黒はんぺんって言うらしいよ。」





『…笑笑 俺お腹減ってないんだよ、笑』





前田「………ふーん。っあっつぅ!!」



























俺、1ヶ月は収録に行っちゃいそうな気がする。笑






それだけ、俺の大好きな場所だったから。









































中島『ふわぁぁぁ……っ!?!?!?』


あー眠っ、って思ってあくびしたのに…!


なんか口に入ってきたんですけどっ!!


前田「あっひゃっひゃっひゃっ爆笑」


『あっふっ!!あふいあふい!!
えへほほいひい!はひほれ!!!』
(訳:あっつ!あついあつい!え、でも美味しい!
なにこれ!)


前田「それ黒はんぺん。」



























前田「……ぼろ出すことって大事だよね。」





『……ぼろ出す、って言っても
ほとんどテレビで言ったけどね。

2年間のゴチ、で。
2年前に登場したのが昨日のことのように頭にあるし

圭兄はほんっとに優しくしてくれたし。
太鳳ちゃんはまだ1年なのに…。
すっごい頑張ってて。
ノブさんは金銭感覚やばくて、ピタリ
出すなんてめっちゃすげー!って思って。
岡本さんは空いあるいじりで。すごい好きで_。


4位で喜べなくて、なんでだよって嫌になった。』






前田「……んで?」




『レギュラーが1本減って…っ!
また、セクゾがみんなに
知られる機会が少なくなった。

最年長として、頑張らなきゃって思ってたのに…!』


菊池「………」


マリウス「…… ボトッ あ、落ちちゃった!」←








前田「…聞いといてなんだけど。
その、中島が言った質問に 答えってあると思う?」


『こた、え…』

前田「残念ながら私は無いと思う。
中島が高級食材に向いてなかったって言うのは
私も感じてたし。笑笑
それはしょうがない事だよね。

でもしょうがないで片付けて欲しくない。
でしょ?


だからといって"自分のせいじゃねぇかよ"って
責める必要は無いと思う。

だっていっぱい研究してたじゃん。
ゴチノート作ってたじゃん。
頑張ってたじゃん。

しょうがない じゃない。でも自分のせい
でもない。
だから答えはないってゆーこと。」






『……っ、なんで俺の気持ち全部分かるの?笑』


前田「ふふっ笑 メンバーなので」


『ずずっ…あーぁ!泣
もっと美味しいの食べたかったなぁ!!泣笑』


菊池「イヤミかいな笑」


マリウス「ゴチで使うはずだったお金で
奢ってね!!」←未成年にして怖いこと言う。






前田「あーお腹減ったァ!おでんっおでんっ!」








相変わらず、かっこいい紅一点です。
初耳学ではもっと頑張らなきゃ!!
ゴチ、岸が入るのかな?
意外と舘さまとか、?笑 向井もあるかも!

SixTONESだとー こーち?笑



新しいゴチノート作ってあげよっかな。







『…!俺もお腹減ったし!たーべよ!!』







前回、コメントくれた方 ありがとうございました😭