無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

24時間駅伝
「真っ暗…」




「え、まじ?」


「嘘ほんとに!?」


「やば!!!」


「絶対感動するやつやんこれ…」


なんか中継の向こうで声が聞こえます←






時は遡ること2分前…(短い)



























「えー、4人目のランナーはこの方です!」


でんでんでん、でででてん!←



真っ暗な場所に中継が繋がり


























『……みなさん!こんにちは!
Sexy Zoneの前田 あなたですー!笑』









ということがあってですね。


ここスタッフさんしかいなくて結構くらいから
怖いのよ!?


どこだよここ!!!←

ん、なになに?分からないって?
じゃあもっと詳しく説明してあげよう!!←








『えーなんと!4人目のランナー…
私、前田 あなたが務めさせていただきます!!』


ふぉっほっほっほ もう分かったじゃろ?((


(くらい助けて)














櫻井〈あなたちゃーん!こんばんは笑〉


『櫻井くん!?あ、こんばんは!』


櫻井〈なにあなたが走るの!?〉


『そうなんですー!頑張りマリウス!!』←



マリウス使っちゃってごめんねてへっ


大野〈あなた、あなたちゃーん!〉


『大野くん!こんばんはー!』


大野〈え、何キロ走るの?〉


『42.195kmらしいです!!』


相葉〈うそ!?まだ高校生でしょ!?〉


『そうなんですけど、まぁ、はい!頑張ります!笑』













えへっ、ぐへへっ()

櫻井くん…あっひゃっひゃっひy←




暗いのもう大丈夫だしん!!!(殴












羽鳥「じゃあ頑張ってください!!」


『はーい頑張ります!』











というわけで中継しゅうりy…プルルル











スマホの電源を付けると…“佐藤”の文字が





『あーもしもし?』


佐藤〈あなたはしるの!?〉


『そーなのー』


佐藤〈第何走者!?〉


『んーと、、』


(スタッフさんいつでしたっけ)


スタ (最後です)


『最後だってー!』


佐藤〈いや忘れてたのバレバレだわ笑〉


『てへっ』


佐藤〈じゃあ明日?〉


『そー!でもこっから国技館行って嵐と戯れてくる』


佐藤〈戯れるって…笑笑〉


佐藤〈じゃあ頑張れ!〉


『おん!ありがとー!』