無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第125話

ほんと うそ





やっと来たよ!!この日が!!

ってね?浮かれてる前田です。あっはーん←
今日は何日でしょう!!4月1日でーす!!(即答)

エイプリルフールだよ!エリンギプールじゃないよ!

ど、あ、え、(?)

みんなにかけちゃう?


と言いつつも芸能界は収録そんなんばっk……(殴
どーんな内容がいいかって考えたらさ、

やっぱ彼氏出来ましたーみたいな。笑笑

違うそれしか思い浮かばなかったの!!







「ガチャ」 ふぁぁぁぁ1人目きた!!!行くど!






















『わ、おかえりマリウス〜
ねぇ、ちょっt マリウス「あなたちゃん!聞いて!!」…』

『お、おう、どーした、』

マリウス「あのねあのね、100億円当たったよ〜!」

『 』

マリウス「すごくない!?」(まりニヤニヤ)←

『え、お、す、スゴーイナ…あは、は』

マリウス「…えーもしかして引っかからなかったー?」

『あは…笑 いきなり言うしニヤニヤすごいし…
100億円って規模が…いやマリウス家では普通…?』

マリウス「なんだーちぇっ!
てかさすがに僕んちでも普通じゃないよ〜
てかこれそちゃ引っかかったよ笑」

『エッ』



















んんんん!!!

マリウス失敗だ!!ちぇっ!!!←

次は菊池かな?気を取り直して行くどー!!











































菊池「おぅ、はよあなた〜」

『うぃすおはよー』


………………
あかんマリウスまだニヤニヤしてる……←








『あ、』

菊池「そーだ、」























《私/俺、彼氏/彼女出来た》





んんんんん!?

菊池「え、ちょっ……笑笑」

『おいまじかよキツいって…笑笑』







なんと、2人同じネタを考えてたようです。😇

あーもう次!!……自信なくなってきたこれ←
てかねぇなんでこんなバラバラにメンバーくるの?←
















『おはよ中島、いきなりで悪いんだけど
ちょっと座ってくんね?』

中島「おはよー、えーなになにどーしたー?」

『私さ、彼氏出来た、の。』

中島「……うそ?」

『いやがち』

中島「今日エイプリルフールだからほんとかと笑
エイプリルフールってうそ1回しか言っちゃダメ
って言うけどマリウスと菊池知らないっぽいし…」

『………え?エイプリルフールってうそ1回なの?』

中島「そうだよー 2回目嘘つくと、その内容は
永遠に叶わなくなるんだってさ」

『…………え、私一生彼氏できない…?』

中島「………っあははははは笑笑
嘘だよーん引っかかった?笑かわいいー!!」

『 』

中島「どうだっ!!笑」

『うっっっっっざっ笑笑』






マジかよ中島に負けたんだけど…

無駄に話が上手いのムカつく…(殴

もう諦めようk 中島「これで終わりじゃないよね?」…


『え?』

中島「え!これで終わりにしようと…??」

『だって自信が…』←

中島「チッチッチッ あまいなぁあなたは。
最高の人がいるじゃないっ!」

マリウス「えー何話してんのー!」

菊池「面白そうその話。笑」


『…ショウリ、サトウ…??』
(おいてかどこいった勝利)

中島「俺の作戦はこう。
日本アカデミー賞をとったあなたの演技力で
勝利を話に引き込む。
それで「彼氏が出来た」って伝えて、
それがー………………」








菊池「…………ん?」

『えっ』

中島「しょうがないよ菊池。今目が合ったからさ!
それで、菊地と付き合いましたてきな。」

菊池「ちょま、おれぇ!?」

マリウス「あー僕ニヤニヤしちゃうし…」

『ちょ… 中島「反論は認めません!!!!」 』

マリウス「面白そう!!」

中島「ほら!!もうすぐ戻ってくるから…はやく!」







って訳で何故か菊池が彼氏に。(?)


うわぁごめんよ勝利!!


てかなぜ菊池なんだおい()






菊池「中島、なんか、熱入ってんな…」←