無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第67話

ま え だ!!
今日、休む。ごめん













"ピコン"









Shori__Sato
分かったよ















『………』





あーあ。ついに休んじゃった。笑


追い越すって言ったのに、これじゃ無理じゃん。笑


































ボタッ、ボタッ、とさっきから傘にあたる雨つぶ。


空模様はあいにくの雨で、もっとブルーになるし












昨日のことから一夜明けて、ニュースではもっと
取り上げられるようになった。


もう分かってるから、って見たくないのに次々と
入ってくる。しまいには同じ事務所だから、

絶対に会わないなんでことは無いし。







雨で、まだ1時半なのに周りは4時すぎの暗さで。


私が大好きな展望台も、今日は全然人がいない。







だから1人東京の景色を見てます前田です。






















さっきから耳に流れてるのは虹。もちろんニノの。


小さい頃からずっと聞いてた大好きな曲。



















『……その場所は、決まっておなじ だから、』








「今日は先に 行って待ってみるわ」














































『…っえ、』














何回リピートしたことか。ずっとここで待ってて、

来ないよな、なんて考えながら聞いてた。


























でも、うしろからした声は明らかに彼のものだった。













『なんで二宮くんがこの場所、知ってるんですか?』
















二宮「昨日ぶり、か。ここに連れてきたの、俺。笑」






『え、ぁ、えぇ!?そーでしたっけ…』







二宮「そーだよ笑 2、3年前?だったかな。」








『ごめんなさいまじで忘れてました。』←






二宮「あははっ 笑笑」



























『え、いやそーいう事じゃなくて笑
なんでこの場所に来たんですか?』


二宮「本当ならメンバーとセクゾで
合同レッスンなのに?部屋入ったら菊池が
「あ、今日あなた休みっすよ」って言って。

きぃーっと昨日のこと引きずってんだろーなって」






















合同レッスン、か。そういえばそー言ってたな。


でも、忘れてたや。笑
























『…探しに来てくれたんですか?わぁ。嬉しっ笑』







こんなこと言ったらきっと怒ると思った。
でも


二宮「そーだよ笑」








そう流してくれた。