無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

352
2019/11/12

第3話

Prolog2
月希side
陵蘭 月希
陵蘭 月希
さて、チーム分けはどうするの?
灰崎
灰崎
GKを決めてから、FW、MF、DFを決めて分ければいいだろ。
蓮城 和歌
蓮城 和歌
あら、フィールドの悪魔様もお馬鹿さんですか?先程、先生はポジションは気にせずに、と仰っていましたわよ?
灰崎
灰崎
……あ”?
陵蘭 月希
陵蘭 月希
まぁまぁ。
…彼のやりたい様にやればいいじゃないか。
ねぇ?星章学園サッカー部FW、エースストライカーの、灰崎凌兵くん。
灰崎
灰崎
!お前、何で俺の情報を…!
陵蘭 月希
陵蘭 月希
ふふっ…クラスメイトの情報を全暗記することは普通じゃないのか?(微笑)
灰崎
灰崎
……チッ
陵蘭 月希
陵蘭 月希
あれ?この他の情報も晒して欲しいかい?例えば、君の好きな物の話とか…
灰崎
灰崎
………。とにかく、ポジションを決めてからチームを分ける。
蓮城 和歌
蓮城 和歌
ちょっと貴方、月希様のお言葉を無視なさるなんて、無礼じゃございませんの?!
陵蘭 月希
陵蘭 月希
まぁまぁ、和歌。落ち着いて。
今回は全部彼に任せるよ。
愛瀬 想那
愛瀬 想那
珍しいな。
月希が誰かに何かを任せるなんて。
陵蘭 月希
陵蘭 月希
そうかい?まぁ、僕はサッカーの知識は無いからね。分かる人がやった方がいいんじゃないのかい?
愛瀬 想那
愛瀬 想那
まぁ、お前がそう言うなら。
陵蘭 月希
陵蘭 月希
と、言う訳だから。頼んだ、灰崎くん。
愛瀬 想那
愛瀬 想那
いや、もうそれ丸投げだろ。
陵蘭 月希
陵蘭 月希
気のせいじゃないかな?
愛瀬 想那
愛瀬 想那
お前がいいんならいいけどさ。
陵蘭 月希
陵蘭 月希
ってな訳だから、決まったら言ってね。僕は何処のポジションでもいいからさ。
愛瀬 想那
愛瀬 想那
俺はFWかMF。DFとGKはパス。
蓮城 和歌
蓮城 和歌
私は出来ればDFで。まぁ、何処でもいいですけど。
灰崎
灰崎
お前らはチーム分け、
参加しないのかよ。
陵蘭 月希
陵蘭 月希
さっきも言ったろ?
「全て君に一任した」と。
そーゆー訳だからさ。あ、僕ら三人は適当に分けれくれていいからね。
僕はそう言うと、校舎側の日陰に向かって歩いて行った。
さて、フィールドの悪魔さんはどうするのかな?