無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

捜索。
-博麗神社-


AM:8:00
ペンギン
ふ…あぁ…。もう朝か……
久しぶりだな。こんなに寝たのは…。
博麗霊夢
あら、起きてたのね。
ペンギン
ああ、おはよう、霊夢。
フラグちゃん
ふぁー……おはようございます…ペンギンさんと霊夢さん…
博麗霊夢
ええ、おはよう。
…さ、お昼頃に昨日言ってた捜索でも行こうかしら。
ペンギン
だな。
そう言えば…今は何時だ…?
博麗霊夢
んまあ…8時頃、と言った所じゃない?
フラグちゃん
じゃああと2.3時間くらい経ったら探しに行きます?
博麗霊夢
そうね。
-PM:0:00-
博麗霊夢
二人共ーー、もう昼よー。
フラグちゃん
…!寛いでてすっかり忘れてました…。
ペンギン
じゃあ、そろそろ行くか。
フラグちゃん
ですね!
それじゃ…まず何処に行きます…?
博麗霊夢
取り敢えず妖怪の山にでも…いや、危険か…。
それじゃあ、まずは霧の湖ね。
ペンギン
霧の湖?何処だ其処は?
博麗霊夢
ああ、霧の湖は四六時中霧が掛かってる湖よ。
妖怪の山の麓にあるけれど、妖怪は余り出ないし妖精達しか集まらないから多分安全よ。
フラグちゃん
多分…なんですか…。
博麗霊夢
ええ、多分よ。
ペンギン
なんか…心配だな…。
博麗霊夢
大丈夫よ。何かあったら私が退治するから。
フラグちゃん
は、はい!
-霧の湖-
博麗霊夢
此処が霧の湖よ。
フラグちゃん
へぇ……なんだかすごい大きい湖ですね…
ペンギン
だな…落ちたらひとたまりも無さそうだ…。
博麗霊夢
大丈夫よ。霧のせいでそう見えているだけよ。
実際は一周歩くのに半刻も掛からないわよ。
ペンギン
ほう。少し歩くのに良いかも知れないな。
フラグちゃん
そういえば…奥にある大きい館は?
博麗霊夢
あれは紅魔館。
あそこに普通の人間が落ちてくるなら死ぬわよ。…多分だけれど。
ペンギン
…歩くのは辞めておこう…。
チルノ
おっ!霊夢じゃないか!
それと…誰だそいつら?
博麗霊夢
ああ、神隠しにあった奴よ。
チルノ
神隠し?
んまあ、そんな事は置いといて!
ここに何の用だ?
ペンギン
ああ、実は仲間を探していてな。
フラグちゃん
私もです!
モブ男って人を探してるんですが…
黒い髪の毛で「Happy Life.」って書かれたシャツを着ている男の人で……
チルノ
ああ!それに似たような奴がついさっき紅魔館の前でほうきを持って掃除してるのを見たぞ!!
博麗霊夢
え、ええ…。
やっぱり彼奴も人間を巧く使うもんね…。
フラグちゃん
そ、そうなんですか…。
ペンギン
そういえば…お前は誰だ?(チルノに話しかける)
チルノ
ああ!あたいはチルノ!
この霧の湖によくいる、最強の妖精だ!
フラグちゃん
…見た目からして弱そうですけどね(小声)
私は死神No:269こと死亡フラグです!
ペンギン
俺はペンギン。
博麗霊夢
それじゃ、紅魔館には…準備が整ってから行きましょうか。
ペンギン
だな。生身で行くのは危険そうだ…。
フラグちゃん
ですね。
じゃあ、一旦神社に戻ります?
チルノ
お?帰るのか?
じゃーなー!!
ペンギン
ああ、またな。
博麗霊夢
それじゃ。あんまり調子乗るんじゃないよ。
チルノ
乗らないよーだ!
--終わり--
---あとがき---


はい、やっと捜索回に入りました(((((
私は幻想入りしても妖怪に食べられて満身創痍!にだけはなりたくないですね(スン
それでは、閲覧ありがとうございました!!
コメント、フォロー、お気に入り登録、応援などなどしてくれると主は増殖します(へ???