無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
106
2019/02/15

第10話

8話
放課後 屋上
私
女
来たわね
あんたどうゆうつもり?私のグクと付き合うなんて
いい度胸してるわね
私
女
なんか答えろよ!
何人かの女が殴ったり蹴ったり
私
うぐっ…!
女
何?あんたの血が私の手につくとかついてないわぁ…
まぁ…いい気味ね
ガチャ)
グク
グク
何してんすか先輩
女
あ、グクくん!あーこの子?
さっき思いっきり転んじゃってて
助けてたのよ?
グク
グク
嘘つかないでください
女
私嘘なんてついてないわよ?
グク
グク
じゃあなんで先輩の手に血がついてるんですか
女
…さっき怪我しちゃって…
グク
グク
はぁ…(ため息)
グク
グク
こんなの見てもいいきれますか?
グクは動画を見せた

その動画は先輩があなたを殴っているところだった
《なんか答えろよ!》
女
!?いつから!?
グク
グク
最初から
女
今すぐそれを消しなさい!
グク
グク
じゃあこれ以上あなたを傷つけないでください
女
…分かったわよ
そう言って先輩達は去っていった
グク
グク
あなた大丈夫か?!
私
…グ…ク…?
(ガクッ)
グク
グク
あなた!
グクは私を担いで職員室まで
グク
グク
先生あなたが!
先生:なにがあった!
グク
グク
説明は後でします!とにかく救急車を!
先生:わかった
グク
グク
(絶対大丈夫だよな…!?)