無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

大丈夫
ユキ
ユキ
あなたの、隠した素顔を見せて?



つらかったら喚いていい、痛かったら泣いていいんだよ?



、、、やめて、






そんなことを言われたら、

































































上手く、笑えないじゃないか、
ユキ
ユキ
大丈夫、うまく笑えなくたって、



















もう、嘘はつかなくていい、堪えなくていいよ、



私も一緒に泣いてあげるから、
ピエロ
ウッ、、、、(涙)
ユキ
ユキ
わわっ、泣いちゃった、大丈夫??






大丈夫、君がみつけてくれた、忘れかけてた僕の顔、


ピエロ
「大丈夫、大丈夫!」
ユキ
ユキ
(*^^*)







大丈夫、大丈夫、















それはまるで魔法のように


ほら、


































嘘つきピエロはもう、





































































消えてなくなった