無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

30
u
u
あんたはどこかの主婦か
ジミン
ジミン
ははっ、あなた面白いこと言うねー









スーパーに行く道のり


















じみんと、幼馴染で




ずっと長い間片思いしてきたじみんと









肩を並べて歩く

















もう、そばにいてくれるだけで幸せで






自然と笑みがこぼれて
















今まであった辛いことなんて





ぜーんぶ忘れちゃうくらいじみんのことがすき















ここまできたら





“依存”…かもね笑













ジミン
ジミン
何作るの?







たまに触れる





肩と肩












u
u
んー、何がいいかな
ジミン
ジミン
あ、久しぶりに
あなたのパスタ食べたいっ!
u
u
ふふっ、いいよ
ジミン
ジミン
やったぁ!








はぁ、ほんとに





幸せすぎて怖いでっす( '-' )


















🐥