無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

13
ジミン
ジミン
どうぞー、入って
 






ドアを開けた瞬間







じみんの匂いがぶわって来た((


















u
u
おじゃまします…







そのせいで




私の鼓動はどんどん早くなってく














ジミン
ジミン
何気に初めてじゃない?
u
u
うん、確かに
ジミン
ジミン
あ、パーカー頂戴。
u
u
へ?
ジミン
ジミン
ここに置いとくから
u
u
あ、うん





自分が着てた






パーカーをじみんに渡す















その時にちょんって





手が触れて、









ばって思いっ切り手を引いちゃった


















u
u
(やっちゃった…)




🐥