無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8
最初は短かったキスが、どんどんと深く、長くなってきた。
(なまえ)
あなた
やめ……っ
身体中から力が抜けていく。
テヒョン
テヒョン
……ほら、我慢できなくなるだろ
(なまえ)
あなた
………///(なにその顔……かわいい)
テヒョン
テヒョン
もう行くぞ。さっきの顔したらこうなるって、頭に入れとけ
(なまえ)
あなた
はっ、はい……(さっきの顔がわかんないんだよっ)