無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7
ドンッ
(なまえ)
あなた
いたっ……
テヒョンはいきなり私を床におしつけた。
(なまえ)
あなた
うっ……
私の腕を、ものすごく強い力で押さえつけるから、身動きがとれない。
(なまえ)
あなた
テヒョン……?
テヒョン
テヒョン
……っ。まじで、その顔やめろよ。抑えられなくなるから
(なまえ)
あなた
何言ってんのか全然わかんn
テヒョン
テヒョン
んっ
(なまえ)
あなた
んんっ
テヒョン
テヒョン
っは
(なまえ)
あなた
ちょっt……んんっ
ーーーーーーー♪ーーーーーー♬ーーーーーーーーー
作者
作者
何をしているのかは貴方の想像次第です( ̄▽ ̄;)
↑かっこよく言ってみた

……かっこよくはないか