無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1
(なまえ)
あなた
うっ…うぁ
目を覚ますと、そこは真っ白い部屋だった。
(なまえ)
あなた
ここ……どこ?
テヒョン
テヒョン
あなたの下の名前っ!!
(なまえ)
あなた
え、あなたの下の名前?誰?
テヒョン
テヒョン
あなたの下の名前!よかった……よかったよぉ‼︎
(なまえ)
あなた
な、なに……
テヒョン
テヒョン
なにって!あなたの下の名前は死ぬところだったんだよ!!
(なまえ)
あなた
え、は?よくわかんないんだけど……
テヒョン
テヒョン
は?すぐ分かれよ
(なまえ)
あなた
(え、急にこわ……)
テヒョン
テヒョン
あなたの下の名前は学校に行く途中、車にひかれて重症だったんだ。……それで、医者から、『助からないかもしれない』って聞いて………
(なまえ)
あなた
私は……交通事故で死にかけてたってこと?
テヒョン
テヒョン
だから、さっきからそう言ってんだろ!
(なまえ)
あなた
ご、ごめんなさい……
テヒョン
テヒョン
すぐに医者呼んでくるから待っとけ
(なまえ)
あなた
あ、うん……
そう言うと、男の人は部屋から出ていった。