無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6
食べ終わり、私たちは食器を片付けにキッチンへ向かう。
テヒョン
テヒョン
ねえ、あなたの下の名前
(なまえ)
あなた
ん?なあに
テヒョン
テヒョン
……ほんとに、俺のこと1ミリも覚えてねーの?
(なまえ)
あなた
あ……うん
テヒョン
テヒョン
(なまえ)
あなた
………
テヒョン
テヒョン
じゃあ、そろそろ学校行くか
(なまえ)
あなた
学校?あ、私って今何年生?
テヒョン
テヒョン
高校2年生。俺とお前は同じクラス
(なまえ)
あなた
そうなんだ。ありがとう
テヒョン
テヒョン
……全然喜んでくれねーな
(なまえ)
あなた
へ?喜ぶ?なんで?
テヒョン
テヒョン
チッ……
(なまえ)
あなた
えっ?!(いきなり舌打ちとかこわすぎでしょ!)
テヒョン
テヒョン
その顔わざとやってんの?……俺だけ好きとか耐えられねーよ
(なまえ)
あなた
は……?一体何を……ひゃっ