無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

14
「壊す……?」



グクは何を言ってるの?

そんなの

できるわけないよ。



🐰「あなた」



「ん?」



🐰「これからあなたは」



グクは真剣な眼差しで

こっちを見つめてくる。



🐰「俺達は隠れながら生きていく」



🐰「それでも俺と一緒にいるか?それとも日本へ帰るか」



そうやって見つめてくるグクに

好奇心が沸いた



「ずっと一緒でしょ?」



グクに抱きつくと



🐰「ん、なら今すぐに荷物まとめて」



「うん!」



なぜか

私の心の中には怖さがなかった。

こうやって誰かと逃げることに好奇心が湧いて

楽しみだった。



「準備したよ!」



🐰「よし、行くぞ!」



家を出て

私達は今から遠くの海へ向かう。

誰も知らない

見たことない場所で

密かに暮らすんだ。



坂道を走る



「グクっ!」



🐰「行くぞ!」



めちゃくちゃ楽しそうじゃん‪w



🐰「おまえも笑ってんじゃん?」



「だって楽しいから」



私の手を引くグクは

すごく笑顔で

キラキラしていた。



next