無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

10
コンコン



ドアをノックする音が聞こえる。

グクが来たのかな



🐰「開けて」



低音ボイス

だけどさっきより弱々しくて優しい声だ。

ゆんちゃんにこの声は効かないけど

私はこの声に

めっぽう弱い。



ガチヤ



「なn」



ギュ



🐰「ごめん」



グクの暖かい感覚

優しい匂い。



「グク……」



🐰「俺、ただ嫉妬しただけなんだ」



え…

てっきり私のこと嫌いになったのかと思ったのに



🐰「さっきから酷いことばっか言ってごめん」



グクは私の耳元に顔を埋めて

かわいい声で言った。



「ううん。私もごめんね」



🐰「ユンギのとこ行っちゃ、いやだよ」



くっ

このうさぎなんてかわいいんだ…



「行くわけないでしょ」



って私が言ったら



🐰「ほんとっ?」



って顔を覗き込んでくるから

ドキッとしちゃう。

こいつ

ほんとにずるい…



「ほんとだよ。私にはグクだけだから」



🐰「えへへ」



🐰「僕もあなたのことだーーーいすきだよ」



そうやって

ニコッと笑うグクが

かわいくて愛おしかった。



やっぱり私には

この人しか

いないんだ







next