無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1
「グク〜、起きて」



🐰「んぅあと3分~」



「は〜や〜く」



🐰「…」



ほんとに朝が弱いんだから…はぁ



「もう、リビング行っとくね」



すると私の手首を掴んで

寝起きのモゴモゴした声で



🐰「行っちゃダメ~」



はぁ



私の彼氏はほんとうに甘えん坊だ。



まぁ朝だけだけどね



🐰「あなたも寝よ?」



「いやだ」



🐰「むぅ」



布団から顔だけ出して口をとんがらせて

拗ねている。



「もう知らない」



ちょっと意地悪してみようかな



ベットから立って部屋を出ていく。



そのまま時間が過ぎても

起きてこなかった。



何してるのかな



グクのことを考えながら朝食を作っていると



🐰「かってに行くなよ」



「ちょっと、ごはん作ってるの」



🐰「んなの関係ねぇよ」



後ろから私の腰に手を回してバックハグ

してくる。



やめてよ

朝からドキドキしちゃうじゃん…///



🐰「耳赤くなってるよ?‪w」



「あ、赤くなってなんかない」



🐰「おまえほんとかわいいなー」



「は、離してっ」



🐰「却下ー」



そう言ってさらに力を強める



あー



朝から幸せっ







next