無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第17話

15


綺麗……



「海めっちゃ綺麗!」



🐰「だな……」



フェンスに体重をあずけ

珈琲缶の蓋が

パチンっという音。

波のゆらめく音



🐰「あなた〜」



ギュ

あ〜もう

ドキドキしちゃう。

バックハグ

をしてるグクの腕は

筋肉がついていて

男らしい。



🐰「なに?照れてる?」



「うん……」



🐰「なんか素直‪w」


前を見て

海を見たいのに

私の全神経は

後ろにいる

グクにそそがれている。



🐰「さみぃ」



「ん…」



そう言って更に強く私を抱きしめる

ふわっとしたグクの匂いと

海の香り

安心する…



🐰「何照れてんの〜、」



「照れてないし」



🐰「さっきまでかわいかったのに」



「照れた」



🐰「だからなに?」



「かわいいって言ってくれないの?」





心の声が……///



🐰「キモ( ˙-˙ )」



「く!もういいっ」


最悪

恥ずかしっ。

てかなにこいつ

笑ってやがる。



🐰「かわいい((ボソツ」











next