無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

#2話
ruru
ruru
こんばんは
ruru
ruru
話す事無いので本編どうぞ!
ななもり
ななもり
皆お疲れ様!
ころん
ころん
おつ〜
ジェル
ジェル
さっさと寝よー
ななもり
ななもり
そうだねおやすみ〜
莉犬
莉犬
おやすみ!
そして何日かたった夜のこと
莉犬
莉犬
あっ!なんか依頼が来てる
あなた

本当だ!

あなた

早く皆に伝えよ

莉犬
莉犬
うん!(^^)
あなた

皆依頼が来たよ〜

るぅと
るぅと
何ですか
ジェル
ジェル
なんや〜
さとみ
さとみ
早く教えて
莉犬
莉犬
え〜っとね
莉犬
莉犬
今日は迷惑な暴力団を倒してほしいとの依頼です!
ジェル
ジェル
おっなんかヒーローぽくていいやん!
あなた

今日の深夜0時に行こうと思っているのでそれでも良いですか?

すとぷり
大丈夫です/やで〜
莉犬
莉犬
で、その暴力団の情報が
5階建てのビルで場所は○○駅の近くにアジトがあります
ななもり
ななもり
じぁ準備が終わったらリビングに集合ね
すとぷり
了解(←なーくん以外)
あなた

了解!




















みんな準備が終わりリビングに集まった←早くないと思った君これが小説の力と言うものだよ!分かったかな?
ななもり
ななもり
それじゃ行くぞ!
すとぷり
おー!!!!!














到着!
あなた

おー!

るぅと
るぅと
すごいですね
ころん
ころん
駅の近くって言ったけど周りに家とかないじゃん
ジェル
ジェル
ほんとそれなw
ななもり
ななもり
莉犬くん達が情報とか出来ないから
今日は一緒に戦おう
莉犬
莉犬
おっけいでーす
あなた

はい

莉犬
莉犬
武器一応持ってきておいて良かった〜
あなた

私持ってきてない!

あなた

どうしよ

あなた

誰か武器頂戴!

さとみ
さとみ
じぁ俺の一つ上げる
あなた

ありがとう!

ななもり
ななもり
準備大丈夫?
すとぷり
大丈夫です!/やで!
あなた

大丈夫です!

ななもり
ななもり
よし!行くよ
ここからは慎重にね!
ガチャ←語彙力無くてすみません




一応ペアを言っておきます
なーくんとジェルくんとあなた

ころんくんとるぅとくん

莉犬くんとさとみくんです!多分これからこのようになります!
莉犬
莉犬
気お付けてね
莉犬
莉犬
いつ敵が来るか分からないからね!
るぅと
るぅと
そうですね!
急に近くの柱が倒れてきた
さとみ
さとみ
避けて莉犬!るぅと!
莉犬
莉犬
うわっ
るぅと
るぅと
危ないですね
莉犬
莉犬
ほんとだよ!
るぅと
るぅと
痛っ!
ころん
ころん
大丈夫?
るぅと
るぅと
うん!ちょっと擦りむいただけだから
さとみ
さとみ
はーいちょっと治療しますね
るぅと
るぅと
ありがとうございます
莉犬said←急ですみません





僕が二人の会話を笑いながら聞いていると突然…………







.












莉犬
莉犬
うわっ!!!!
さとみ
さとみ
莉犬!
モブA
モブA
動くなよ!
モブA
モブA
こいつがどうなっても知らn((殴
モブA
モブA
……(o_ _)o パタッ
莉犬
莉犬
うわーん( ≧Д≦)びっくりしたよ!
さとみ
さとみ
ギュ)大丈夫だった?
莉犬
莉犬
うん!
ななもり
ななもり
行こう皆!
アジトのいる5階に到着!
ガチャ 
ジェル
ジェル
人数多いやん
そこにはざっと30人ぐらいいたんだってすごいねー(棒
ななもり
ななもり
じぁ莉犬くんとさとみくんは右側をお願い
莉犬
莉犬
了解
ななもり
ななもり
僕とジェルくんとあなたは直進して行ってボスを倒す
                        ↑夢主設定初めてやるのですとぷりではあなたと言う事でお願いします!
あなた

了解

ジェル
ジェル
了解(*′ω`)b゛ок!!
ななもり
ななもり
ころんくんとるぅとくんは左側をお願い
るぅと
るぅと
分かりました!
ころん
ころん
了解!
ruru
ruru
はいここで1回切ります
ruru
ruru
めっちゃ書くの楽しい
るぅと
るぅと
なんで投稿遅いんですか?
ruru
ruru
すいませんm(__)m
5日間も出さないですみませんでした!
ruru
ruru
これからは頑張って出しますので!
ruru
ruru
ご期待ください!
るぅと
るぅと
なら許します
ruru
ruru
良かった\(^o^)/
ruru
ruru
それでは
すとぷり
おつぷり!
ruru
ruru
おつぷり〜