無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

加藤くんの悲しい過去
先生
先生
黄色魔法の皆さんは今私が書いた呪文をノートに書いててください!
俺は適当に呪文を書き始める…

適当にやったせいか…すぐに終わってしまった

ちらっと緑魔法の人達を見てると…加藤くんが勉強をしていた

真剣に話を聞いているが…偶に暗い顔を見せる…
俺はその顔が気になってしまった
授業が終わり…加藤くんがすぐに教室から出ようとしていたので
手越祐也
手越祐也
加藤くん!!ちょっと待って〜!
と止めた
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
……手越…くんだっけ…
俺友達になる気ないからね?
あっさり断られてしまう…
だけど昨日から気になってることがあって…
今日はそれも聞きたくて引き止めたんだ
本当は言いずらいけど…
手越祐也
手越祐也
……加藤くんって…
なんで友達を作ろうとしないの?
1人で寂しくないの?
加藤くんは…俺の話を聞いてないかのように…肩に止まった鳥と戯れ出す…
手越祐也
手越祐也
…加藤くん聞いてるの?
友達が鳥だけっての…悲しくないの?
俺がそう聞くと…加藤くんは近くにあったベンチに座ったので俺も慌てて座った
…そして静かに喋り出した…
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
……鳥が友達…って言うのが楽なんだよね
手越祐也
手越祐也
えっ?
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
俺元から自然好きだったし…
小さい頃から生き物が本当に好きでよく森の中にいた…
加藤くんは…おそらく友達を作らない理由を話してくれてるのだろう…しっかり耳を傾けることにした
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
でもやっぱ小さい頃の俺は人間の友達も欲しがった…
そして…恥ずかしながらも…同じ趣味を持つ友達ができた
小学校の休み時間…給食の時間…登校下校…毎日一緒だった…

俺が弱っちいあまりにいじめも受けて…俺が一生懸命育ててたお花の植木鉢とかもひっくり返されちゃった時は1人がいじめっ子に怒って…「加藤をいじめたら容赦しねぇ」って言ってくれて…もう1人は…注意してくれてた友人の陰に隠れて必死に植木鉢を元通りにしてくれた…
あいつらは…優しすぎた…一緒にいて居心地もよかった…
手越祐也
手越祐也
………とてもいい友達だったんだね
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
…うん

でも…ある日の夜…
友達が「俺の家に来て」って電話をしてきたから俺がその子の家に向かったら…後ろから首をナイフで切られて…切り傷ができた…
ナイフを持ってたのは電話をくれた友達だった…
俺が「なんで…」って聞いたら……
「お前を殺す」って言われた…
俺は…とりあえず逃げようって思って逃げるんだけど…偶にその友達が…「もう既に1人は殺った…」って言葉や「友情を育むために友達になったつもりは無い」「裏切られ友達という存在に失望して死んでいく…そういう子を見るのが好きだから騙した」とかって言葉が聞こえて…
俺……なんとか…逃げ切ったけど……
……でも…あれから…トラウマとして蘇ってきたりもするんだ……

だから…もう友達に自信なくて…鳥を友達にしているの…
鳥は…喋らないから傷つかないし…
そして…鳥の暮らす環境をもっと知りたい…って感情を覚えて…緑魔法を勉強しにここに来たの…
俺は加藤くんの話してくれた内容を聞き…唖然としていた…
手越祐也
手越祐也
…ひどいね…その子は……

その子はどうなったの?
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
…あれから俺は学校も休んでいたから…それっきり会ってない……
今後も会うつもりは無い…
そっか…まぁ…仕方ないよね…
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
……もういいかな?
これから授業もうないし…森で魔法の練習したいから…
俺は立ち去ろうとする彼を止めた
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
ちょ…
手越祐也
手越祐也
……尚加藤くんが気に入った…
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
えっ…おかしいでしょ…俺の過去を聞いて…可哀想な人…哀れな人とかって思わないの?
手越祐也
手越祐也
ううん…
むしろ加藤くんと友達になって…
入学式で知り合ったあの二人も混ぜて…
もっと関係を良好にしていって…
魔法の成果とかを競い合いたいなって思った!

それに…俺の魔法で出したクッキーとか食べながらワイワイしたい…

俺加藤くんの言葉聞いて…その友達以上のいい思い出を作りたい
加藤くんにとって…友達以上の…存在になりたいって思っちゃったんだけど…どうかな?
…くだらないと言われちゃうかな?そう思ってたら…えっ?意外な事に笑顔を見せている…w
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
なにそれww

はっきり言うけど…まだ手越くんはあの二人以上の存在とは程遠い…この鳥さんよりも下の存在だよ?
まだ顔見知りって感じ
そのセリフはまず…この鳥さんを超えてからにしてよw
……初めて笑った所をみた…
可愛い笑顔だなw
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
んじゃ鳥さん…練習行こっか?
そう言って森に歩き出してしまうから…
手越祐也
手越祐也
待って!俺も行く!!
と言いついていく
なんか言われるかなって思ったら…あれ?なんも言われない??

加藤くんとは仲良くなれそうな気がするな〜

さぁ鳥さんを超えるぞ!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ぎゅうにゅう(ミルク)
ぎゅうにゅう(ミルク)
元💜みるく💜です! よろしくお願いします! お知らせ! もしかしたら今後休止をすることになるかもしれません または低浮上 理由は おそらく新学年という事で新しい生活になると思います 学業等々であんまり書けなくなると思われますがすいません 休止から帰ってきました 話がよくわかんなくなっちゃったので一旦全部はなし消します
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る