第59話

58
219
2023/12/18 09:00
私は鞄をとりに行こうとベッドからおりた。

めまいがする私は、こんなに近い距離なのに転びそうになった。

それを慌てて淳太くんが支えた。
なかま
話より寝ておかなあかんやろ?
あなた
今、どうしても話したい。聞いて?
なかま
…わかった。
鞄までたどり着いて、中からエコー写真を出した。
あなた
これ、見て。
なかま
…えっ?これ…
あなた
赤ちゃん…いる。ここに。
私はお腹を撫でた。

淳太くんはまだポカーンって顔してる。
あなた
6週目やって。
なかま
ほんま?
あなた
うん。ほんま。
ポカーンの顔から徐々に口元がゆるんできた。
なかま
ほんま?
あなた
うん。
なかま
あ、ちょっと待って!
淳太くんも鞄から何かを出してきた。
なかま
ほんまはな、もっとカッコつける予定やったんやけど…
淳太くんは私の目の前で跪いた。

そして、ケースをパカッとあけた。
なかま
結婚してください。
黄色いダイヤの指輪。

すごくきれい…
あなた
…よろしくお願いします!
なかま
…よかった。…はめてええ?
あなた
うん。
淳太くんは私の左手の薬指に指輪をはめた。

サイズはピッタリ。

指輪を見てたら涙が急に溢れてきた。

淳太くんはわたしを優しく抱きしめた。

…これが私たちらしいプロポーズ。
なかま
3人で幸せになろうな?
あなた
…うん。
なかま
あ、立っててもええの?座ったほうがええ?
あなた
じゃあ…座る。
淳太くんはソファーまで私を連れてくれた。
なかま
あ、何すればええ?あったかいコーヒー!…はあかんし…
あなた
淳太くん落ち着いて?
なかま
え?落ち着いとるよ?
あなた
…どこが?
なかま
え?全部!
あなた
…とりあえず隣にいて?
淳太くんが頭をわしゃわしゃしながら歩いてきて隣に座った。

私は淳太くんの肩に頭を乗せた。
あなた
久しぶりの淳太くんや。
なかま
襲ってええ?
あなた
だーめ。
なかま
これならええやろ?
頭をおさえられて少し強引なキス。
なかま
久しぶりのあなたや。
あなた
だめって言うたよ?
なかま
かわええのが悪い。
あなた
赤ちゃんのために我慢して。
なかま
…はい。でもキスはするで?
あなた
えっ、待っ…
言い終わる前に口を塞がれた。

淳太くんはキス魔だ。

たくさんキスが降ってきた。

会えなかった時間の分のキスと、嬉しさ爆発のキスだって。

よくわからないけど、淳太くんの気持ちがたくさん伝わってくる。

淳太くんといれて幸せ。

プリ小説オーディオドラマ