第56話

55
208
2023/12/15 09:00
部活が終わって片付け。

備品のしまい忘れはないか、壊れてるものはないか確認しなが作業。

ボール拭いたりとかは部員みんなが手伝ってくれるからけっこうすぐ終わる。
きりやま
みんなでやったら速いな。
なつ
終わった!
きりやま
あなたちゃん手伝ってくれてありがとな。
あなた
いえいえ。楽しかった。
きりやま
自分、マネージャー向いてんで?
あなた
そうですか?
きりやま
淳太くんが騒がなそうやったら考えてな。
あなた
じゃあ、無理かと…
きりやま
せやな。今もそこから覗いとるしな。
あなた
え?ウソ?
きりやま
ほんまはだいぶ前からおったけど知らんぷりしとった。招き入れたら絶対うるさい。
あなた
あー…ね。
きりやま
早く着替えて行っといで。
あなた
はい。ありがとうございました。
なつと更衣室に行って着替えて外に出た。

淳太くんと重岡先輩が話してる。
なつ
お疲れー!じゃあね!
あなた
うん、また明日ね。
なつは神山先輩と帰って行った。

ラブラブだ。

…あっちは何をもめてるんだろう。
しげおか
ごめんて~!ちょっとからかっただけやん!
なかま
ちょっとやないやろ!
あなた
何してるの?
しげおか
あなたちゃん、あとよろしく!
重岡先輩が逃げるように走って帰った。
なかま
しげ!話終わってへんぞ!
あなた
…何でそんなに怒ってるの?
なかま
…しげがふざけて送ってきてん。
淳太くんがスマホを私に見せた。

流星くんと話してるときの写真。

重岡先輩のあのごめんはこういう意味だったんだ。
あなた
…ヤキモチ?
なかま
…はい。焼きました。
あなた
これ、ごめんなさいって言ってるときの写真。ちゃんと付き合えないって言ったよ?
なかま
…そうか。
あなた
まだ気になることある?
なかま
…向こうはあなたのこと諦めてくれたん?
あなた
んー、どうやろね。それは本人に聞かないとわかんない。
なかま
…そやな。
あなた
…私には淳太くんだけやのに、何が不安なの?
なかま
…自分に自信ないねん。いつもあなたがいなくなったらどうしようって思ってんねん。
あなた
私はいなくならんよ?
なかま
…はぁ…かわええ。
あなた
…もう。帰るよ?
私は先に歩き始めた。
なかま
待って!
隣に並んでいつも通り手をつないだ。

さっきまで不安そうな顔してたのに、今はもうニコニコ。

機嫌直ったみたいでよかった。
大好きな人とちゃんと向き合って、思いを伝えあえた。

最高の夏休み。

プリ小説オーディオドラマ