無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,038
2020/06/08

第4話

よん。
あなたside
時透無一郎
時透無一郎
何違うの?違わないよね?
関原
関原
あ、いや、その、
ちゅっと触れるだけの接吻キスをした。
関原
関原
/// ///
時透無一郎
時透無一郎
何照れてるの?接吻キスくらい普通でしょ?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
あのー、蜜璃さん、話したい事があります、、
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
何?なんでも聞くわよ!(しのぶちゃんキュンキュンするわ💓)
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
その、私、あなたさんは、何もしてないと思います。
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
私もそう思うわ!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
だって、美穂さん可笑しいですよね?
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
それもそうだわ、証拠不十分だもの。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
あなたさんに謝りましょう。
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
はい。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
あなたさんに話があります。
関原
関原
はい。
何か言われるのかな?
時透無一郎
時透無一郎
僕も行っていい?
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
全然いいわよ!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
ごめんなさい!
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
ごめんなさい。
関原
関原
?!頭上げてください!
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
私たち勘違いしてたの。
ごめんなさい、、
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
あなたさんは、そんな事しないってわかったんです。
関原
関原
どうしてですか?
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
証拠不十分だもの。
関原
関原
良かったー信じてくれてる人がむいくんしかいなくて、
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
むいくん?!(キュンキュンするわ!)
関原
関原
あ、ごめんなさい!いつもの癖で、
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
ううん可愛いわ!
関原
関原
ありがとうございます。可愛いなんて、言われたことなくて、
時透無一郎
時透無一郎
かわいい、
関原
関原
ん?
時透無一郎
時透無一郎
あ、いやなんでもない、///
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
明日皆さんにも言いましょう。
証拠も見つけて、
関原
関原
はい!