無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

やっぱり、君なら聞きたいっていうと思ったよ。


それじゃあ、はなすね、






「なに、これ、?」


私の背中には、小さな羽が生えていた。

なんか、るぅとくんと莉犬くんにも生えてそう


引っ張っても、押してもとれない。




「白だったらかわいいんだけどな、、」


なんて考えながら一応写真を撮っておく。
薄汚れた、茶色みたいな、灰色みたいな色、
いや、治んない?
病院行けばなおんのかな、これ、
だとしたら、私、


( 途中ですが、垢転生のため)