無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

15 学校
江田先生
んじゃあ…
あなたside
江田先生
今日はありがとう、
江田先生
もう遅いし、帰っていいよ
全員
…はい
江田先生
あ!マサイは、○○病院だって
全員
ありがとうございます
シルク
明日休みだし…行こっか
全員
だね、







ー翌日ー











シルク
マサイー?
マサイ
っ…
モトキ
体大丈夫?
マサイ
あ、あのさ…
ん?
マサイ
ちょっと俺に関わるの…やめてくれる?
なんで…?
マサイ
え、それは…ちょっと…
シルク
は?なんで、関わんの辞めなきゃいけねーんだよ
マサイ
ごめん…
マサイは悲しい顔をして下を向いた















あなた

マサイ?

マサイ
ん?
あなた

マサイが望むことなら口を出さないけど…

マサイ
あなた

でも、私達はずっとマサイくんを心配してた。

あなた

しかも、大切な友達…

あなた

離れたくないよ?縁なんて切りたくないよ?

マサイ
…っでもな、
マサイ
決めたんだ…俺…
あなた

マサイ
…せっかく来てくれたのに…ごめんな、
あなた

わかった……関わるの……やめるねっ…

マサイ
おう……………
あなた

でもねっ、絶対また、話そうねっ!

マサイ
………
マサイ
じゃあね、あなた、シルク、咲、モトキ、りつ
全員
………
全員
じゃあ…ね、
マサイ
ごめんな……弱くてボソッ
マサイがそう呟いていたのも知らずに、私達は病室を出た