無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

8 学校
マサイ
よし…行くか
マサイside




そう呟いて家を出る
シルク
お、マサイ〜っ!
モトキ
きたきたー
遅れるぞー
マサイ
ごめっ!٩(¨ )ว=͟͟͞͞
シルク
よし!行くぞ!
マサイ
うん!
あー、







みんな、こんなに笑顔で向かい入れてくれる








こんな所から抜けたら俺、どうなっちゃうんだろ…
マサイ?
マサイ
ん?
いや、考え事してるなーって
マサイ
眠いの‪w
マサイらしいや‪w
マサイ
そう‪w?
俺らしい…か…










頑張んなきゃ…な…




あなたside
あなた

ん!?もうこんな時間じゃん、みんな、ゆっくり歩いてる場合じゃないよ!?

え?マジ?
シルク
走るぞーっ!!
全員
おー!!!!



それから何とか間に合った






けどなんか、おかしいの











今までと私たちの空気がおかしい気がする…









今日何か分かればいいな…