無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4 おかしい
ー入学式から1ヶ月後ー
あなた

やっと授業終わったぁ〜!!

お疲れ様〜
シルク
また来たぜ☆
入学してからは、シルク、マサイ、モトキ、咲、律、あなたでよく一緒に話すようになった
うるさい猿が来たなぁ‪w
シルク
なんだよ律〜っ!!!
うっさ
モトキ
‪w‪wあ、シルク
シルク
なにー?
モトキ
マサイは?
シルク
そーいえば居ないな…
あなた

最近こういうの多くない…




最近このグループで集まろうとすると、マサイが来てないって言うことが度々あった
確かに心配…
探そうぜ、
シルク
だな
なんかあったら危ないから男女グループで分けよ
あなた

うん!

シルク
1人余るから俺先生に聞いてくるわ!!
ごめんありがとうな!
モトキ
じゃああなた探しに行こ!





モトキが私の手を引っ張り言う





あなた

う、うん///

じゃあ律と行くね
モトキ
あ、うん!


モトキに手を引っ張られながら走る
モトキ
何かあるとするなら校舎裏とか…
あなた

…行ってみよ

さらにまた走って校舎裏まで行く



「ドサッ」



あなた

何の音…?

モトキ
とにかくゆっくり覗こ
あなた

うん…




私達はそーっと覗く









そこには陽翔と奏斗が居た






その奏斗と陽翔の目線の先には



倒れてるマサイが居た