無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

25
マサイside


いま、放課後だ…そして、帰り道だ


語彙力…ないのは、奏斗達がいるからだ…




陽翔
あっれー?何してたのかな…マサイ君…??
マサイ
べ…べつに…
奏斗
シルク君が助けてくれるからって調子に乗ってさ…
陽翔
マサイ君…着いてきてね?
マサイ
…は、はい…
奏斗達は俺の腕を引っ張り、
路地裏に入れる
奏斗
なぁ?分かってんだろ?
マサイ
うっ…
奏斗に1発くらわせられた…
陽翔
おかしいよね‪w?
マサイ
(´’Д’):;*:;カハッ
陽翔
いい気味だよ‪w
陽翔にお腹を殴られ血を吐いてしまった
マサイ
っ…
奏斗
シルク君には力で勝てなそうだけど…
奏斗
マサイ君?覚えててね?
奏斗たちは、路地裏を後にする
マサイ
よいしょ、
ゆっくり立ち上がる
マサイ
おっと…
フラっとするな…


でも、頑張んなきゃ…