無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

36
※あまり見られてないようですが35を先に見てください
school silk
いつも元気な律が座っている席は空っぽ
先生は、クラス全員に二人が亡くなったことを説明していた
マサイは下を向いていた
俺はただただ先生の話を聞くことしか出来なかった





あなたside
意味がわからない
いつも明るい咲きの席はから…
先生から、二人のことがクラスの人に話された
モトキは、くっと唇を噛みしめていた
私は、涙を流すことしか出来なかった

学活が終わり短い休み時間
トントン
あなた

どうしまs…

モトキ
俺だよ
あなた

モトキ君か…

モトキ
咲がよかった…?
あなた

…いや…

私は、うつむく
モトキ
あ、ごめんね……こんなこと聞いちゃってさ
あなた

ううん、大丈夫

あれっ…大丈夫。大丈夫だよね?
そう思っていた
けど、なぜか涙が止まらない


嗚咽を吐きながら泣く
モトキ
あなたちゃんっ…おいで?
あなた

グスッ…んッ…?

モトキが私に出した手を握る
モトキ
ついてきてくれる?
あなた

へ?グスッ…うんッ…

モトキは、私を連れて走る
屋上までつくと
モトキ
ふぅ~
モトキ君が軽く息を吹く
あなた

モトキ君ッ…わたしッ…グスッ

モトキ
大丈夫…
ギュ
あなた

ふぇ?

モトキ
沢山泣いて良いから…ね?
あなた

うん…グスッ

それからモトキ君の中で沢山ないた
キンコンカーンコーン
チャイムがなっても気にせずに、
モトキ君は、教室だと人目が気になるでしょ
と、笑って私に言う
あなた

ありがとう…ッ泣

私は、そうやって返す
落ち着いてきた頃
モトキ
あなたちゃん…落ち着いた?
あなた

うん……

モトキ
ベンチ、座ろ?
あなた

そうだね

モトキ
授業サボっちゃったね
あなた

…うん

















沈黙が続く
モトキ
あの…さあなたちゃん
モトキが沈黙を切り出す
あなた

どうした?

モトキ
あのッ…俺…………
モトキ
あなたちゃんが……好きだ
あなた

………え、

モトキ
だから……付き合ってください
あなた

はい……よろしくお願いします……

突然の事でビックリしてる
モトキ
うそ……
あなた

どしたの………?

モトキ
いやだってさ……シルクの事が好きかと思ってた………
あなた

ううん、

あなた

私は、最初っから

あなた

モトキの事が好き…なの////

緊張してまともに喋れず目をそらす
モトキ
そっか……よかった~、、
キンコンカーンコーン
モトキ
授業終わるね……
あなた

戻ろっか

モトキ
うん……あ、
モトキ
最後に
あなた

ん?

Chu♡
あなた

ッ!?////////

モトキ
よし!帰ろ?
あなた

う、うん!

そうやって私は、モトキと付き合うことができた
……授業をサボった私たちは、仲良く怒られました……
けど、帰り道初めてモトキ君と手を繋いで
二人っきりで帰った
……こんな幸せなことってあるのかな…














おはようございます!
雑談にはいります!
おい!作者!
ひぃ!
死ぬなんて台本にn
((殴
いったー
おい!作者!
ひぃ!
付き合うことなんて台本にn
((殴
いたー
モトキ
おい!作者!
ひぃ!
モトキ
台本どおりだよグッΣd(゚∀゚)
という感じで進んでおります
朝でねむいですが
あれ?時間…
え、やば←