無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6 おかしい
シルク
マサイ!大丈夫か!?
シルクがマサイに手を差し伸べる
マサイ
大丈夫だよ
マサイがシルクの手を掴んで立ち上がる
マサイの制服は少し泥に汚れていた
陽翔達にやられてたの?
マサイ
い、いや…遊んでてこうなっちゃっただけだから…
シルク
んな事無いだろ…
マサイ
俺は大丈夫だから…
モトキ
なんかあったらちゃんと言ってね…?
マサイ
おう!
あなた

でもその傷…

マサイ
これくらい大丈夫だから!
無理しないでよ?
マサイ
ありがとう
今日は早めに帰ろうか
全員
うん!













ー陽翔達sideー
陽翔
チッこんなんやってんのにまだ一緒に居るぜ?
奏斗
本当。
陽翔
もっと大勢居ないと駄目かな…
奏斗
そうだ!もっと呼ぼ!
陽翔
決まりだなっ!










ーあなたsideー
こんな傷遊んでいて出来るわけない…
マサイが心配だ…
あなた

ね…マサイ?

マサイ
ん?
あなた

本当になんも無かったの?

マサイ
何もねぇって!
あなた

大丈夫。私はずっと仲間だからね!

マサイ
あ、ありがとう…
マサイが少し下を向いた
あなた

どうかした?

マサイ
ううん!なんも無いよ!
あなた

そっか…

やっぱり心配だ…