無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

13 放課後
シルク
あれ?マサイは?
シルクside



放課後、マサイが居ないことに気がつく
遅いから来てやったぞー
シルク
マサイが、居ないの…
は?まさか…奏斗達…
シルク
かもな…
シルクー?
シルク
お、咲!マサイ知らないか?
マサイなら、知らないけど…奏斗達なら
シルク
うそ…どこにいた?
屋上の方の階段から降りてきたよ…
シルク
モトキ達呼んでこい…行くぞ!りつ!
お、おう!
俺は勢いよく教室を飛び出した
あなた

うおおっ!追いついたっ!

はやっ!?
モトキ
待って!!
みんな、はやいて!
合流出来たか…







俺らは足をとめずに教室まで走る





江田先生
お前ら!廊下走んなー!
シルク
さーせんっ!!
やっとついた…
ゆっくりと、扉を開ける…
全員
マサイっ!?