無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

16 学校
ー月曜日ー
全員
……
いつも、登校時に盛り上がるトークも無しに
みんな、静かに歩いていた
モトキ
ねぇ、
この空気を切り出したのはモトキだった
モトキ
やっぱり…マサイが居ないと…
俺も思った……
モトキ
マサイは本当に望んでたのかな…
うーん…
そこから、また話が進まないうちに学校に着いた






マサイside






これで…いいんだよな…









これ以上心配かけられないし…









みんな…


















ごめんな…