無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

35
マサイ
は?………
シルク
どうした?
マサイ
シルクに変わる
マサイは俺に携帯を渡し、床にしゃがみこむ
モトキ
もしもし、シルク?
シルク
どしたの?
モトキ
率直に言うと…咲と奏斗が…交通事故で…死んだ
シルク
え?は?お前何言って…
モトキ
いま、あなたと一緒なんだけど…病院に行くからそこの公園で待ってて
シルク
わ、分かった
少しだけ立ったあと2人が走ってきた
シルク
モトキっ…いみがわかんねぇよ、
モトキ
俺もだよ…
あなた

マサイ?大丈夫?走れる?

マサイ
走れるよ
みんなで猛ダッシュし、病院に向かう





Hospital
あなた

咲っ…

あなたが涙を流し咲の名前を呼んでいる
モトキ
ね、律?飲酒運転の車にぶつかるとか、漫画の世界だけじゃないの?…
話しかけても2人は動じる事はない
マサイ
なんでだろ…
マサイ
そんなんなら俺が…
シルク
マサイ…
俺らはこれからこのメンバーでいられると信じていた
いなくなる考えなんかなかった
その考えは今も変わらない
きっとこれからも
学まず
その考えを間違った方向につきだす
それがいけない。
なのに…