無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

14 放課後
シルク
おいマサイっ!!
シルクside



ヤバい…ヤバいっ!!


体をゆさぶっても、マサイは、起きない







どーすればいいんだ…
モトキ
まって!落ち着いて!
シルク
無理だろ!?
モトキ
取り敢えず落ち着いて…
シルク
お、おう…
モトキ
あなたちゃん、足速いからうろついてる先生連れてきて!
あなた

わかった!

俺、奏斗ら探してくるわ
私も行く!
あなたと、さきとりつは走っていった






モトキ
シルクは、一緒に居て
シルク
お、おう
モトキ
脈あるし…息もしてる…大丈夫…だ
モトキの冷静さと、対応力に驚いているうちに先生が来た
あなた

ハァハァ先生連れてきたよ、

シルク
マサイが…
江田先生
取り敢えず救急車呼ぼっか
それから数分後、救急車が来て運ばれた






それから、学校で俺らは先生に事情を話す
江田先生
マサイは、大丈夫だって…
シルク
良かった…
ハァハァ
あなた

お、りつ!

シルク
どうだった?
逃げられたっ…ハァハァ
りつ、早いって
ごめんごめん、